ボウリングのコツ、教えます。

論理と証拠に基づき、ボウリングの真実を解説

初級

ボウリングの歴史(外国編)

投稿日:

ボウリングの歴史(外国編)

ボウリングの歴史(外国編)

あなたは、ボウリングの歴史を知っていますか?なぜボールでピンを倒すのか?を考えたことはありますか?今日はボウリングの歴史(外国編)を紹介します。

歴史

・紀元前5200年頃
古代エジプトのお墓から石製のボールとピンが発見される

・紀元前3世紀~4世紀
北イタリアからヨーロッパ各地で、寺院内で信者の信仰心を確認する宗教的な儀式の一つとして行われる

 ピンを災いや悪魔に見立てて倒します。たくさん災いと悪魔を倒す人が、信仰心の篤い信者だったのです。信仰心を証明するために、みんなが練習をします。その練習を見られることによって、信者以外にも広まっていきました。

・西暦200年~300年
ドイツはケーゲル、イギリスはスキトルス、フランスはブール(各国のボウリングスタイル)
 この時代はピンの数が9本の、ナインピンボウリングです。屋外で行われていました。

・1455年
イギリス(ロンドン)屋内レーンの登場
 四季・天候に左右されないでボウリングを楽しむための、屋内レーンが初めて登場しました。

・1529年
中世ヨーロッパでは、宗教的儀式
 みんなが仕事をしなくなってしまったので、ボウリング禁止令発動されます。

・1626年
オランダ人のアメリカ移住によりニューヨーク(マンハッタン)へ

・1626~1820年
ナインピンボウリング普及でギャンブル化
 当時はレーンの規格がなく、スナックやバー、キャバレーなどの中に小さなレーンがあり、お酒を飲みながらボウリングができたため、お客同士がお金やお酒を賭けて勝負するようになったのです。
 かの有名なモーツアルトも、ボウリング(ドイツなので、ケーゲル)をしながら作曲をしたという逸話があります。「ケーゲルシュタット・トリオ(K.498)」「ケーゲルデュエット(K.487)」の2曲は、「ケーゲル」愛称で呼ばれていますね。

・1840年
「ニッカー・ポッカー・アレー」オープン

・1841年
ボウリング禁止令、再び
 アメリカ・コネチカット州議会はギャンブルを防止するために、ボウリング禁止条例を出しました。続いてニューヨーク州、その後ほかの州でもボウリング禁止条例が出されることになりました。

・1860年
ギャンブラー『ジョセフ・サム』がピンの数を10本に
 ボウリング禁止条例の抜け道として、ギャンブルで生計を立てていた「ジョセフ・サム」がナインピンに1本ピンを追加し、テンピンボウリングを考案します。これで条例に違反せずに、ボウリングでギャンブルができますね?

・1875年
ルール制定『60フィート』『ガター』
 ボウリングのルールが制定されはじめます。ファールラインからヘッドピンまでを「60フィート」とし、両側の溝「ガター」が制定されました。

・1890年
ルール制定『1フレーム2投』『ピンの高さ』
 当時は1フレーム3投で行われていましたが「1フレーム2投」に、「ピンの高さは15インチ」に制定されました。

・1895年
競技者の組織化、競技ルール・用品の統一、12連続ストライクで300ピン
 ボウリングをスポーツ競技とするために、ボウリング禁止令の過ちを繰り返さないために、「競技者の組織化、競技ルール・用品の統一」がはじまりました。パーフェクトゲームである「12連続ストライクで300ピン」もこの時に制定されました。

・1909年
ルール制定『ボール27インチ』『16ポンド以下』
 現在のボール規格となる「ボール27インチ」「16ポンド以下」が制定されました。

・1946年
世界初 自動ピンセッターマシン
 この時代まで、ピンは「ピンボーイ」と呼ばれる人の手作業で立てられていました。この年に発表された「自動ピンセッターマシン」は、ボウリング業界の革命となります。

まとめ:ボウリングの歴史(外国編)

ボウリングの歴史やルーツは古くからありますが、今、私たちが競技しているテンピンボウリングは近代の新しいスポーツなのです。ボウリングの歴史やルーツを楽しんでもらえたでしょうか?

今回は外国編でしたが、次回は日本編を紹介しますね。

-初級

関連記事

ボウリング場に行こう

ボウリング場に行こう 家族や友達とボウリング場に遊びに行きたいな、と思ったときに、ちょっと不安を感じたことはありませんか? ボウリングって、ほとんどやったことがない 他の遊びと、何か違うことがあるのか …

ボウリングのルールとマナー

ボウリングのルールとマナー ボウリング場に来たみなさんが、楽しくボウリングができるように「ルール」と「マナー」があります。自分たちだけではなく、まわりのみんなも楽しいボウリングができるように、みんなで …

ボウリングのスコア

ボウリングのスコア ボウリングをしていると、自動でスコア(点数)が計算されますね。このスコアを自分で計算してみたことはありますか?自分で計算ができるようになると、高得点を狙うタイミングがわかるようにな …

増税前後の対策

増税前後の対策 ボウリングを楽しんでくれているみなさんのお財布に、多大な影響を与える「増税」まで、あとちょっとです。ボウリング経費の節約は難しいですが、少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。 増税前 …

ボールの選び方持ち方

ボールの選び方持ち方 みんなでボウリング場に行ってから、「どんなボールを選べばいいのだろう?」とか、「どうやって投球すればいいの?」と考えたことはありませんか。 指の入れ方は?ボール選びの基準は?助走 …


ぴぃ


職業:プロボウラー
ボウリングは論理と証拠で説明できる、科学的なスポーツです。みんなで楽しく遊べる、レクリエーションスポーツでもあります。科学的根拠に基づいて、ボウリングの真実を解説します。